同窓生へのお知らせ

TG十五日会のご案内(2月) 同窓生の方はどなたでも参加できます

2018/01/12

松本宣郎 大学長

松本宣郎 大学長

大橋邦一 中学校・高等学校校長

大橋邦一 中学校・高等学校校長

湯本良次 榴ケ岡高等学校校長

湯本良次 榴ケ岡高等学校校長

TG十五日会は、当時の中学・高等学校長だった月浦利雄先生が提唱して昭和40年7月15日にスタートしました。母校の創立記念日が5月15日であることに因んでTG十五日会と名づけられ、母校の教職員をはじめ同窓生同士の親睦と協力の結びつきを深めるのが目的です。
TG十五日会は昭和62年まで毎月開催されてきましたが、昭和63年以降は8月を休会に年11回開催しています。毎回多くの同窓生にご出席いただいておりますが、近年では講師を迎えて時勢に合ったお話しを伺いながら情報交換を行っています。次回のTG十五日会は、次の通り開催いたしますので、ぜひご参加下さい。
 

日 時:平成30年2月15日(木)正午〜午後1時
場 所:仙台国際ホテル
講 話:『船形山に百済観音がいた』

講 師:渡邊 泰伸 氏(昭46年文史卒)
            本学非常勤講師(TG史学同窓会副会長)
会 費:1,500円(昼食代)

※ホテル駐車場をご利用の際は、各自ご負担いただきます。

参加希望の同窓生の方は、2月7日(水)までに校友課までご連絡下さい。

※写真は前回(1月12日)の様子です。クリックすると大きくなります。